安田倉庫/3月期の売上高5.6%増、営業利益10.9%減

2018年05月09日 

安田倉庫が5月9日に発表した2018年3月期決算によると、売上高429億6900万円(前年同期比5.6%増)、営業利益22億9400万円(10.9%減)、経常利益29億5000万円(4.8%減)、親会社株主に帰属する当期利益19億3800万円(7.0%減)となった。

物流事業では、売上高は既存顧客の取引拡大により倉庫作業料や国際貨物取扱料などが増加し、375億3700万円(4.9%増)となった一方、営業利益は物流施設の新設に伴う営業費用の増加などにより、23億8400万円(14.6%減)となった。

次期は、売上高452億円(5.2%増)、営業利益24億円(4.6%増)、経常利益31億円(5.1%増)、当期利益20億円(3.2%増)の見通し。

最新ニュース