クルーズ/TRC物流ビルB棟に大型青果物流拠点をオープン

2018年05月09日 

青果物流通事業を営むトレードグループのクルーズは5月1日から東京流通センターが運営する東京流通センター物流ビルB棟に、保管能力を約6 倍に増強した大型青果物流拠点「大田LC」を設置し、稼働を開始した。

<大田LC外観>
大田LC外観

<大田LC保管庫>
大田LC保管庫

保管面積の増床とともに、1℃のチルド庫やドッグシェルター10台を新設。鮮度を保持した長期保管と、クルーズの強みの一つであるコールドチェーン物流への対応をさらに強化する。

大田市場への好アクセスに加え、短期間の保管料無料といった顧客視点の料金体系を軸に、利便性の向上を図る。

今後は、日本各地に物流拠点の設置を進める方針で、大田LCは、東日本のハブ拠点としても機能する予定だ。

クルーズは、2002年の創業以来、主にトレードグループで取引される1日800tの野菜の配送と一時保管を担ってきた。2015年には東京都大田区に「大田TC」を設置し、取引量を着実に伸長させてきた。

特に、グループ外部の取引量は、設立当時に比べて2.4倍に増加している。一方で、トレードのブランド野菜事業や、スプレッドの植物工場事業の展開をはじめとするグループ内の事業拡大により、グループ内の取引の増加も予想される。

グループ内外からの高まるニーズを背景に、保管能力の増強と品質の高い物流サービスの提供を目的とした物流拠点の移転・拡張を計画した。

■大田LC 概要
名称:クルーズ 大田LC
所在地:東京都大田区平和島6-1-1
    東京流通センター物流ビルB棟1F W-1,W-2,W-3
敷地面積:4174.94m2
保管面積:チルド庫:475.50m2(2基)
冷蔵庫:2093.28m2(3基)
常温庫:265.80m2(1基)
建物仕様:梁高5.5m 高床式(プラットフォーム型)
保管能力:チルド庫:90t(約1万3000ケース)
冷蔵庫:345t(約4万8000ケース)
常温庫:120t(約1万7000ケース)
総計:555t(約7万8000ケース)
保管温度帯:チルド(1℃)、冷蔵(5℃)、常温(構内保管)
ドッグシェルター:10t車用4台、4t車用4 台、2t車用2台

最新ニュース