SCREENホールディングス/20億円投じ、滋賀県彦根市に工場建設

2018年05月08日 

SCREENホールディングスは5月8日、滋賀県彦根市の彦根事業所内にディスプレー製造装置と成膜装置の新たな生産工場を建設すると発表した。

<新工場の完成イメージ>
新工場の完成イメージ

SCREENホールディングスでは生産体制の増強を図ることを決定し、総工費約20億円の投資となる新工場は、大型化の進むディスプレー製造装置に対応できるほか、より微細化が求められる有機ELディスプレーをはじめとするフレキシブルディスプレー製造装置の生産に対応できる清浄度を実現する。

2次電池用塗工装置や、グループ会社の「SCREENラミナテック」が手掛けるディスプレー後工程装置の製造にも対応。

今年3月に設立した中国・常熟の合弁会社「SCREEN FT Changshu」と併せ、グループとしての生産能力を拡大するとともに、組み立て費や物流費用を含む諸費用を削減することで、収益改善を目指す。

近年、ディスプレー業界では、中国を中心に大型液晶テレビ、スマートフォンなどの販売が好調に推移している。

高画質なフレキシブルディスプレーは、高性能化、薄型化が要求されるウエアラブル端末や電子ペーパー、車載用ディスプレーなどへの活用に期待が寄せられている。

電気自動車を中心とするエコカー市場は一層伸展すると見込まれており、リチウムイオン電池をはじめとする2次電池の需要は、今後も拡大することが期待されている。

■新工場概要
所在地:滋賀県彦根市高宮町480-1(彦根事業所内)
建築面積:4107m2
延床面積:4288m2
総工費:約20億円
竣工:2018年10月

最新ニュース