STORES.jp/オープンロジと物流部門で業務提携

2018年05月08日 

最短2分でネットショップを作成できるSTORES.jpは5月8日、 物流プラットフォームを運営するオープンロジと業務提携し、STORES.jp利用者向けに商品保管・配送代行を行う「倉庫サービス」を正式に開始したと発表した。

<管理画面>
管理画面

STORES.jpの倉庫サービスは以前より存在していたが、より多くの顧客のニーズに応えるべく、オープンロジAPI連携を行い、リニューアルした。

STORES.jpの管理画面1つで、入庫・保管・発送指示がより簡単にできるようになった。オープンロジが提供するAPIを利用し、複数の管理画面を行き来せずシームレスに、倉庫に関する作業を行うことができる。

小さな商品向けの配送料の提供ができるようになった。以前は、 どの商品でも、一律800円(税別)で提供していたが、小さな商品の場合は割高になっていたが、発送商品毎に、配送料が変更される仕組みとなったため、330円(税別)~で提供できるようになった。

さらに、保管料金は大きさ別に1日単位で使った分だけの請求をする事ができるようになった。以前は、どの商品でも、一律25円(税別)で提供していたが、小さな商品の場合は、割高になっていた。

合わせて、保管期間も商品によってまちまちだったが、リニューアルにより、1日あたり0.2円(税別)~、 大きさ別・利用日数別で請求ができるようになったため、必要な分だけ利用できる仕組みとなった。

今後は、ネットショップと連動した自動出荷機能を視野に入れている。これにより、STORES.jpのストアオーナーは、商品を倉庫に送るだけ。売れたら自動的に配送されるスキームが実現する。

併せて、現在社会的な課題となっている宅配便の再配達問題など、ネットショップ販売サイドと物流サイドの協調が必要な領域について、両社で共同の取り組みを実施していく予定だ。

■倉庫サービス
https://stores.jp/depot

最新ニュース