三井倉庫HD/3月期の売上高3.4%増、営業利益20.2%増

2018年05月08日 

三井倉庫ホールディングスが5月8日に発表した2018年3月期決算によると、売上高2332億4300万円(前年同期比3.4%増)、営業利益69億9600万円(20.2%増)、経常利益65億2100万円(77.7%増)、当期利益44億600万円(前期は234億2700万円の当期損失)となった。

物流事業は保管業務や航空貨物輸送業務の取扱が伸張し、また、ヘルスケア物流の新規取扱、サプライチェーンマネジメント業務の取扱増加等もあり、物流事業全体としては堅調に推移した。

これに加えて、経費削減に努めたことから、人手不足による人件費上昇、海上運賃、航空運賃などの原価増加や新倉庫の建設に係る一時費用の発生はあったものの、売上高は2248億4200万円(3.7%増)となり、営業利益は58億5500万円(30.4%増)となった。

次期は、売上高2300億円(1.4%減)、営業利益75億円(7.2%増)、経常利益64億円(1.9%減)、当期利益38億円(13.8%減)の見通し。

最新ニュース