商船三井/川崎重工とインテリジェンス機能搭載の舵取機開発

2018年05月08日 

商船三井は5月8日、川崎重工業と「舵取機の新たなセンシングとビッグデータ解析による船舶の信頼性向上・省エネ運航技術」の共同開発すると発表した。

<システムのイメージ図>
システムのイメージ図

<搭載予定の高速データ収集装置>
搭載予定の高速データ収集装置

<搭載する舵取機と同型の製品>
搭載する舵取機と同型の製品

船舶の操船において最も重要な機器の一つである舵取機の制御に着目。

商船三井が川崎重工業に発注し、建造中のVLCC(大型原油タンカー)で、同社製の舵取機に油圧や流量、作動油温度や消費電力などを監視するセンサーを取り付け、大容量高速データ収集装置でデータを収集する。

大容量高速データ収集装置はこれまであまり注目されてこなかった舵取機の様々な制御データを瞬時かつ大量に収集することに加え、舵取機以外の各種航海データ(例:船速、針路、エンジン負荷、舵角など)を同時に収集し、ビッグデータを解析し、船舶の信頼性向上および省エネ運航につなげていく計画。このプロジェクトは2020年度中に完了することを目標としている。

将来的にはこのプロジェクトで得られた知見を用い、船舶の更なる信頼性向上、操船性向上、省エネ運航に貢献する「インテリジェンス機能搭載型舵取機」の開発を目指しており、その開発に向けた重要なステップと位置付けている。

最新ニュース