住友商事/横浜にセブン-イレブン向け三温度帯対応物流施設、本格稼働

2018年05月07日 

住友商事は5月2日、横浜市緑区で住友商事として初めてランプウエイ型物流施設「SOSiLA横浜港北」を開発し、3月末に本格稼働を開始したと発表した。

<SOSiLA横浜港北>
SOSiLA横浜港北

SOSiLA横浜港北

1階フロアは、アサヒロジスティクスと賃貸借契約を締結し、セブン-イレブン・ジャパン向けとして全国で初めて同一施設内で三温度帯に対応した戦略的物流拠点として稼働を開始した。

施設が消費地に近くトラック配送効率の大幅な改善が期待でき、少ないフロア数で高効率オペレーションが可能で、周辺人口に恵まれ雇用環境が優れている点等が評価され、ヤマト運輸など複数社と賃貸借契約を締結している。

他の区画で入居企業を募集しており、今後もマルチテナント向け大型物流施設としての価値向上に取り組んでいく。

消費地へのアクセスに優れた第三京浜港北IC周辺に位置し、神奈川内陸エリア・東京城西城南エリア向けのラストワンマイルとして短時間納品や多頻度配送を実現させることで、物流の効率化に寄与する。

前面道路は第二次緊急輸送道路に面しており、緊急時にも主要港湾・空港等へアクセスが期待できる。

また、1階から3階までトラックが直接アクセスできるランプウエイ型半屋内中央車路方式を採用することで、施設外部への騒音等の影響を最小化したうえで荷物の積み下ろしを効率的に行える設計になっている。

外壁にはデザイン性・耐久性・防汚性・断熱性の高い金属サンドイッチパネルを標準採用している。室内温熱環境の改善に一定の効果が期待できるという。

施設内は、庫内作業に適した平均照度300ルクス(LED照明)を確保したほか、共用部に無料Wifiを装備したラウンジやシャワールームを設置し、働く環境の充実を目指す。

環境へ配慮した取り組みとして、最上階の温熱環境改善を目的に屋上緑化や太陽光発電パネルを敷設し、高い遮熱効果を実現する。

全館空調等への対応として、特高受電7200kva受変電設備、各階室外機用バルコニーを実装済み。今後、倉庫の自動化に伴う、大型の搬送設備等の導入に柔軟に対応可能だ。

住友商事は、「SOSiLA」のブランドコンセプトである「人と社会を繋ぐ物流施設」を実現するため、Sociability・Sustainability・Individualityの3つをキーワードに、物流効率化ニーズ・流通加工ニーズへの対応、施設持続性と可変性の追求、働く環境の向上といった新たな価値提供を行うべく施設づくりを進めてきた。

今後も、人口密集エリアを中心とした都市型物流施設の開発を行い、環境に配慮し省エネ・省資源へ取り組むとともに、物流現場での配送効率化ニーズや労働環境の向上に貢献していくとしている。

<アクセス>
アクセス

■SOSiLA横浜港北 物件概要
住所:神奈川県横浜市緑区上山1-15-1
最寄駅:JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅 徒歩15分
敷地面積:3万9064.11m2
延床面積:8万7443.56m2
構造/階数:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)、4階建
着工年月:2016年8月
竣工年月:2017年9月

最新ニュース