JR貨物/既卒対象に不動産開発部門の正社員採用開始

2018年05月03日 

日本貨物鉄道は5月1日、既卒者を対象に、総合職とプロフェッショナル職の採用を開始した。

総合職は、大規模な商業施設や物流施設の開発に関わる不動産開発。設計事務所の設計士や不動産デベロッパーの経験者など。入社初年度の年収は280万円~510万円を想定している。

プロフェッショナル職では、鉄道従事員、鉄道施設技術者。

応募の受付は、プロフェッショナル職が「マイナビ転職」、総合職は「エン転職」で行っている。

最新ニュース