シルバーライフ/14億円投じ、栃木県足利市に新工場建設用地取得

2018年04月27日 

高齢者向け配食サービスを手掛けるシルバーライフは4月27日、栃木県足利市の羽刈工業団地内の土地を取得し、新工場を建設すると発表した。

群馬県邑楽郡邑楽町にある既存の関東工場の徒歩圏内に用地を取得し、新建設することで、将来の需要増に応じた生産能力の増加を見込んでいる。

新工場では、調理方法を真空調理法とすることで、生産体制の効率化と業容の拡大を図る。今回は土地のみの取得であり、2018年中に工場建設着工予定。

■取得用地および新工場の概要
名称:シルバーライフ 第2関東工場(仮称)
所在地:栃木県足利市羽刈町576-3の一部
敷地面積:8782.47m2
建設面積:1650.00m2(予定)
投資総額:14億円(土地、建物、設備)(予定)
資金計画:増資資金(上場調達資金)及び自己資金により充当

最新ニュース