JICA/ナイル川に架かる新橋建設、北部回廊の輸送能力増強

2018年04月27日 

国際協力機構(JICA)は4月27日、ウガンダの首都カンパラで、ウガンダ共和国政府との間で、「ナイル架橋建設事業」を対象として新たに49億1800万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印したと発表した。

事業に対する円借款総額は141億1600万円となる。

カンパラから約80km東のジンジャ県に位置し、ケニアのモンバサ港からカンパラへと続く北部回廊上を流れるナイル川に、新しい橋梁とアクセス道路等を建設するものであり、ウガンダでの北部回廊の輸送能力を増強し、安全な交通確保を目的としている。

この件に係る貸付資金は橋梁やアクセス道路の建設とコンサルティングサービスに充当される。

事業完成2年後の2020年には、2008年と比較して1日3.3万人の旅客数、5万トンの貨物量の増加等が見込まれており、輸送能力の改善に大きく貢献することが期待されている。

なお、東アフリカの内陸に位置するウガンダでは、主にケニアのモンバサ港を通じて輸出入が行なわれており、北部回廊はウガンダの物流にとって非常に重要な道路となっている。

現在、ジンジャ県でのナイル川の通行には、1954年に建設された橋梁(ナルバレ橋)が利用されているが、老朽化、橋幅の狭さ等のため、円滑で安全な交通の障害となっている。

モンバサ港とカンパラ間の交通量は今後も増加すると予測されており、新しい橋を建設し、円滑で安全な交通を確保することは急務となっていた。

最新ニュース