三菱電機ロジスティクス/9億円を投じ、静岡事業所に新倉庫竣工

2018年04月26日 

三菱電機ロジスティクスは4月26日、静岡市駿河区の静岡事業所がかねてから建設中の新倉庫が完成し、静岡事業所「西門倉庫B棟」として竣工したと発表した。

<新倉庫>
新倉庫

新倉庫は、三菱電機静岡製作所に隣接する西門倉庫(計5棟)のうち、B棟とC棟を解体して新たにB棟を建設したもので、西門倉庫の床面積を約2倍に増床した。

西門倉庫は、静岡製作所向け調達物流を運営し、同製作所への多サイクルJIT納入を行う調達物流の中核拠点。

新倉庫竣工により、生産ライン用スキッドへの詰替作業等によるJIT供給特有の流通加工スペースを確保、静岡製作所内製部品・開発品の保管スペースの拡大を実現し、JIT供給能力の強化、保管効率の向上を図るとしている。

■新倉庫の概要
所在地:静岡県静岡市駿河区豊田2-3-30
構造・規模:鉄骨造3階建、
 倉庫床面積:4232m2 (敷地面積1959m2)
倉庫設備:貨物用エレベータ 1基、垂直搬送機1基
主な取扱品:主に三菱電機の冷蔵庫・ルームエアコン・パッケージエアコン用の部品
投資額:約9億円
稼働日:2018年5月7日

最新ニュース