東京外かく環状道路、三郷南IC~高谷JCT/6月2日16時開通

2018年04月26日 

国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路関東支社は4月26日、共同で事業を進めている東京外かく環状道路の三郷南ICから高谷JCT間の開通時刻が6月2日の16時に決まったと発表した。

<湾岸エリアから北関東方面への所要時間が大幅に短縮>
湾岸エリアから北関東方面への所要時間が大幅に短縮

開通により、外環の約6割が完成し、4つの放射道路(東関東道・常磐道・東北道・関越道)が接続。千葉の湾岸エリアから関東各地(埼玉・栃木・群馬等)に、都心を通ることなくアクセス可能になる。

環状道路の効果が更に発現し、物流の生産性向上に寄与する。東関東道から関越道、東北道、常磐道への所要時間が約18分から26分短縮することになる。

沿線企業からは、「高谷JCT周辺の湾岸エリアは、成田空港と羽田空港の中間地点で、首都高湾岸線や東関東道があり便利が良く、外環ができてさらに便利になる」、「外環開通により東北道や関越道方面へのアクセス性が向上し、立地ポテンシャルも向上する」との声も。

外環沿線地域の渋滞緩和・生活道路の安全性向上も図られることになる。

市川・松戸間ではじめてとなる4車線道路(国道298号)が開通することで、周辺道路から国道298号に交通が転換し、地域の交通環境改善に寄与する。また、沿線地域の渋滞緩和に加え、生活道路への迂回流入が減少することで通学路等の安全性の向上に期待した。

■開通区間の概要
開通区間:東京外環自動車道:三郷南IC~高谷JCT
     国道298号:国道6号~国道357号
延長:東京外環自動車道:15.5km
   国道298号:11.4km
開通IC・JCT:三郷中央IC、松戸IC、市川北IC、市川中央IC、京葉JCT、市川南IC、高谷JCT
車線数:東京外環自動車道:4車線、国道298号:4車線

最新ニュース