寺田倉庫/美術品修復工房を開設

2018年04月24日 

寺田倉庫は4月24日、東京・天王洲の本社内に美術品修復工房「TERRADA CONSERVATION LABORATORY」を開設したと発表した。

運営は寺田倉庫のグループ会社であるTERRADA ART ASSISTが行う。

TERRADA CONSERVATION LABORATORYは修復事業をより強固なものにするべく、文化財修復の知見を有する元東京国立博物館特任研究員・神庭信幸氏を監修に迎え、専門の美術品修復士を配置し、絵画、立体物などあらゆるジャンルの美術品修復の受注が可能。

設備面においても、X線・紫外線撮影にも対応し、超高画素カメラを設置した撮影スペースをはじめとした修復関連機材を完備するなど高品質なサービスの提供をめざす。

また、美術品修復士の活躍の場を創出することで、アート業界の未来を担う修復人材の保護・育成についても貢献を図る。

なお、寺田倉庫は天王洲を拠点とし、スペースを活用するノウハウを駆使した保存や修復の技術向上を追求しており、美術品、ワイン、メディアといった専門性の高い商品の保管技術においては、国内外で高い評価を得ている。特にアート分野については近年、TERRADA ART ASSISTにおいて美術品修復や、輸送、梱包、保管、展示設営等のサービスをワンストップで行うことでニーズに対応している。

最新ニュース