トナミHD/千葉県の物流会社を子会社化

2018年04月23日 

トナミホールディングスは4月23日、千葉県柏市のケーワイケーの全株式を取得すると発表した。

今後の事業拡大において、シナジー効果が期待されることから、全株式を取得し事業子会社化する。

トナミグループでは、新年度からスタートした中期経営計画(2018 年4月~2021年3月)において、成長に資する企業として、少子高齢化が進展する中、働き方改革をはじめとして、労働力確保・既存事業の規模や領域の拡大など、「事業基盤の強化」に取り組んでいる。

今後、トナミHDの事業子会社との相乗効果による「対象会社」の事業拡大につとめ、グループの輸送機能強化をはじめとする企業価値の向上をはかっていく。

経営体制等については、今後、決定する。

■異動する子会社(対象会社)の概要
商号:ケーワイケー
所在地:千葉県柏市藤ヶ谷676-1
事業内容:一般貨物自動車運送事業、第一種利用運送事業、営業倉庫、一般引越・事務所移転作業、産廃収集運搬業、空調設備機材取付・整備、アッセンブリなど。
資本金: 5000万円
大株主及び持株比率 個人株主1名、持株数1026株100%
直前事業年度の経営成績:売上高約15億円(2017年8月期)

最新ニュース