キャプラン/貿易・国際物流向けにB/L作成業務自動化パッケージ提供

2018年04月20日 

キャプランとパソナテックは4月20日、貿易・国際物流業界を対象に、船荷証券(B/L)などの貿易関連書類の作成業務自動化する「貿易RPAソリューション~B/L作成業務自動化パッケージ~」の提供を開始した。

キャプランの貿易・国際物流業界での専門人材の派遣とBPOサービスの実績と、パソナテックのRPA導入支援の知見を活かして、貿易・国際物流業界を対象とした貿易RPAソリューションのサービス提供を開始する。

貿易RPAソリューションでは、主に船荷証券(B/L)などの貿易関連書類の作成業務を対象に、RPA導入に向けた業務の分析や切り出し、診断・検証、開発、運用保守、RPAオペレーターの派遣までをワンストップで提供する。

貿易・国際物流業界では、ネット通販やEC市場の拡大により増える物量に比例して、大量の貿易関連書類の作成が必要とされている。

一方で書類の作成にあたり、膨大な情報を手作業でシステムに入力するケースが多く、デジタル化などによる業務の効率化が課題となっていた。

RPA(Robotic Process Automation)は 、「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われる、ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。

■貿易RPAソリューション~B/L作成業務自動化パッケージ~
https://lp.caplan.jp/houjin/lp/boueki/01

■問合せ
キャプラン
貿易HR営業部
TEL:03-6778-5513

最新ニュース