セゾン情報システムズ/ブロックチェーン技術で宅配ボックスをテスト運用

2018年04月19日 

セゾン情報システムズは4月19日、パルコが運営する WEB 上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表した。

<テスト運用イメージ例>
テスト運用イメージ例

テスト運用は、グローリーの宅配ボックス LEB シリーズを池袋 PARCO 店頭に設置し、「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに実施する。

商品が宅配ボックスに配送されると、注文者に鍵情報の記録された QR コードがメールで送付される。注文者は送付された QR コードを利用し認証を実施し、宅配ボックスを開錠する。

ECサイトを利用する一般消費者は「いつでもどこでも商品が購入でき、安全・安心に24時間365日好きなところで受け取れる」というサービスを享受することができる。

ロッカー管理システムで定評のあるグローリーの「GCAN」のデータを、GMO インターネットの PaaS 型ブロックチェーンプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」に連携・記録する。

データ連携にはセゾン情報システムズのグループ企業、アプレッソが開発した「DataSpider Servista ブロックチェーンアダプタ」を利用し、ブロックチェーン上に予約情報や入出庫情報を書き込む。

ブロックチェーンの特性上、この記録は半永久的に証明・保証することができ、対面取引と同等の配送品質に近づけることが可能となる。

セゾン情報システムズでは、今回の一般消費者向けテスト運用を皮切りに、宅配ボックス事業において既に多くの実績があるグローリーと協業することにより、EC サイト利用者の利便性拡充と再配達問題の解消を更に追求する。

本人認証、トレーサビリティ、スマートコントラクト、セキュアで安定したデータ連携等の機能強化を推進していくとしている。

最新ニュース