日本郵船/三菱商事向けのサヤリンゴ型新造LNG船を命名

2018年04月19日 

日本郵船は4月18日、日本郵船と三菱商事による合弁会社が保有し、Diamond Gas Internationalと長期定期用船契約を締結している新造液化天然ガス(LNG)運搬船の命名式が、長崎県長崎市の三菱重工業長崎造船所で行われた。

<最新船型「サヤリンゴSTaGE」 Diamond Gas Orchid>
最新船型「サヤリンゴSTaGE」 Diamond Gas Orchid

船名は「Diamond Gas Orchid」と命名。

船の貨物タンクはLNGの積載効率を高めると同時に、軽量化や空気抵抗軽減を可能とした「サヤリンゴ」形状を採用している。

上部が下部より膨らんだリンゴ形状のタンクを、船体と一体構造のタンクカバー(さや)で覆っているのが特徴。

推進機関には高効率再熱舶用蒸気タービン機関と2元燃料ディーゼル電気推進機関を組み合わせたハイブリッド2軸推進方式STaGE (Steam Turbine and Gas Engines) を採用し、燃料使用量と二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現する。

この船は次世代のタンク構造と推進システムを組み合わせた「サヤリンゴSTaGE」の一番船となる。

■概要
全長:293.5m
全幅:48.94m
総トン数:14万4828トン
主機関:STaGE (Steam Turbine and Gas Engines)
積載容量:16万5000立方m
建造造船所:三菱造船
船籍:バハマ

最新ニュース