JR貨物/GW、611本のコンテナ列車を運転

2018年04月19日 

JR貨物は4月28日から5月7日のゴールデンウイーク中、合計611本のコンテナ列車を運転する。

これは、顧客の休業等を勘案して決めたもので、前年の596本に比べ、15本増加する。

車扱いについては、前年の160本から2本増えて162本としている。

合計で前年の756本に対して17本増加の773本となっている。

最新ニュース