JR貨物/2017年度輸送実績、コンテナは2.0%増

2018年04月19日 

JR貨物は4月18日、2017年度の輸送実績を発表し、コンテナは2243万7000トン(前年比2.0%増)、車扱920万5000トン(2.9%増)、合計3164万2000トン(2.3%増)だった。

2017年度は、上期に発生した全国各地での大雨や相次ぐ台風の接近および1月・2 月の新潟・北陸・函館地区での大雪の影響等により、高速貨1934本、専貨32本が運休となった(前年度は、高速貨 1447本、専貨30本が運休)。

9月中旬に接近した台風18号の影響で長期にわたり不通となった日豊線では、復旧までの間トラックによる代行輸送を実施した。

コンテナは、積合せ貨物が労働力不足・労務管理厳正化により中長距離帯における鉄道利用が伸長した。また自動車部品は国内自動車販売が好調に推移し、東海地区発を中心に大きく増送となった。

さらに飲料・ビール等の共同輸送が進む食料工業品、新規・既存ともに利用の増加した化学薬品、建設発生土輸送が堅調なエコ関連物資等が前年を上回った。

一方、紙・パルプは国内需要の減少に伴う販売不振が続いており、大きく出荷が落ち込んだ。

その結果、コンテナ全体では前年比2.0%増となった。

車扱は、石油が配送圏の見直しにより通年で鉄道へのシフトが進んだほか、冬季の気温低下に伴って灯油の需要が増加したことから好調に推移し、セメントの需要減はあったものの、車扱全体では前年比2.9%増となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年比2.3%増となった。

最新ニュース