SBSゼンツウ/生活物流部門でドライバーコンテスト

2018年04月17日 

SBSゼンツウは4月14日、埼玉県深谷市の埼玉県トラック総合教育センターで「第6回ドライバーコンテスト」を開催した。

<選手から「難しかった」との声が多く上がったブルッカ競技は、S字の狭いコースを、何度も切り返しながら、前進・後進>
選手から「難しかった」との声が多く上がったブルッカ競技は、S字の狭いコースを、何度も切り返しながら、前進・後進

<日常点検競技ではトラックの隅々まで点検を行う>
日常点検競技ではトラックの隅々まで点検を行う

SBSゼンツウのドラコンは、毎年、生活物流部(宅配サービス)、基幹運輸部と2回に分けて実施しており、今回は生活物流部門の催しとなった。

第6回目の今回は、54名の代表ドライバーが全国の営業所から集結。来賓、応援に駆け付けた各営業所の関係者など155名と合わせ、昨年より22名多い209名が参加した。

全国の営業所から集まるこのコンテストは、競技だけでなく、交流の場でもある。出場選手たちは、試験中はお互いライバルとして日頃の成果を精一杯出し切るが、休憩時間は同じ仕事をする同僚として普段の業務で工夫している点など、様々な情報交換をしながら親睦を深めた。

<入賞者を囲み記念撮影>

■コンテスト結果
優勝:米倉 康平 浦安行徳営業所(コープみらい)
2位:青柳 大介 横浜営業所(オイシックスドット大地)
3位:沓澤 祐介 横浜北部営業所(ユーコープ)
4位:星 継史 八千代営業所(コープみらい)
5位:岡田 夕介 松戸営業所(コープみらい)

最新ニュース