日本郵船/グリーンボンド発行、外航海運業界世界初

2018年04月17日 

日本郵船は4月17日、国内市場において公募形式によるグリーンボンド(第40回無担保社債)を5月に発行すると発表した。

外航海運業界におけるグリーンボンドの発行は世界初の事例。

グリーンボンドとは、調達資金の使途を環境改善効果のある事業(グリーンプロジェクト)に限定して発行する債券。日本郵船は新中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”でESG(環境・社会・ガバナンス)の観点を取り込み、企業価値と社会価値の持続的な発展と成長を牽引する目標を掲げた。

グリーンボンドの発行により、資金調達リソースの拡大を図るとともに、環境投資への積極的な取り組みを幅広いステークホルダーの人々に認知してもらうことを意図している。

■グリーンボンドの概要
発行体:日本郵船
発行年限:5年
発行額:100億円
発行時期:本年5月を予定
資金使途
 策定した環境対応船の技術ロードマップで予定する投資
(新規および一部リファイナンス)
 1.液化天然ガス(LNG)燃料船、2.LNG燃料供給船、3.バラスト水処理装置、4.SOx(硫黄酸化物)スクラバー等
主幹事:三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券
Green Bond Structuring Agent:三菱UFJモルガン・スタンレー証券

最新ニュース

物流用語集