米物流会社/9階建て高さ30mの自動倉庫・食品流通施設を着工

2018年04月17日 

温度管理サプライチェーン・ソリューションを提供するリネージュ・ロジスティクスは4月16日、米国・ダラス・フォートワースの物流市場で営業するテキサス州サニーベールの倉庫・流通施設の大幅拡張に着工したと発表した。

<完成予想図>
完成予想図

施設は、リネージュの北米初の完全自動倉庫となり、最大の柔軟性と即応性をサポートするよう設計されている。ダイナミック・プロファイリングと呼ばれるプロセスを導入することで、リネージュは今後サニーベールで幅広い顧客ニーズに対応できるようになる。

自動入出荷システム技術により、製品は9階建て高さ100フィート(30.48m)の倉庫でシームレスに移動する一方で、貯蔵密度の相当な向上によりエネルギー消費が大幅に削減される。

ロングクリーク・ロード367番地に位置するこの拡張される施設には、既存の31万1885平方フィートに新たに約9万4000平方フィートが追加され、さらに約2万4000パレットを収容する能力が実現する。完成すれば、業務支援のために現地で約30人分の新規雇用が創出されるとリネージュは推計している。

先進的な自動・ロボット倉庫技術の力を活用するリネージュは、現在の施設のパレット収容量をほぼ倍増させながら、占有面積を現在の3分の1以下にする。このプロジェクトは、温度管理倉庫業界で最も革新的で最大の自動化ソリューションの提供企業としてのリネージュの地位の盤石化に役立つとしている。

最新ニュース