エコモット/リアルタイム車両管理対応のドライブレコーダー

2018年04月17日 

エコモットは4月17日、フレクトへドライブレコーダー端末「ER2」の提供を開始すると発表した。

<ER2>
ER2

<Cariot>
Cariot

<Cariot地図画面>
Cariot地図画面

ドライブレコーダー端末「ER2」は、シガーソケットから給電を行う。この製品をシガーソケットに設置することで、車の情報がLTE回線網を通じ、「Cariot」サーバに連携する。

サーバには、GPSによる速度測位や、危険運転(急加速・急減速・急ハンドル)時の位置情報、や動画データなどがクラウド上にアップロードされ、「Cariot」上の走行データから地図上で把握できるようになる。

タイムリーな現場の状況把握、走行記録の自動化による業務効率化や、危険運転ドライバーの運転指導ができ、安全性の向上などを実現する。

「ER2」は、LTEモジュールを搭載したカーテレマティクス端末。これまで独立して利用していた「高性能ドライブレコーダー」、「簡易デジタルタコグラフ」、「GPSトラッキング」の3つの機能をコンパクトに一体化し、高いコストパフォーマンスを実現している。

映像はHD画像、WDR搭載のクリア画質となる。インカメラにも対応し、車外だけでなく車内の同時録画が可能。FeliCaリーダーを搭載し、FeliCaチップ内蔵の社員証などをかざすことで、ドライバーを識別することができる。

アプリケーションのリアルタイム車両管理「Cariot」は、2015年秋より営業車両やバスの運行管理で利用実積を積み重ね、2016年から建設・物流業務を中心に「作業の効率化」や「コスト削減」の目的で利用されているる。

幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、セールスフォース・ドットコムが提供する世界最大のビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供している。

■問い合わせ
エコモット経営企画部
TEL:011-558-6600

最新ニュース