日本ベネックス、日産/スマート工場プロジェクト、本格始動

2018年04月17日 

日本ベネックスと住友商事は4月17日、日本ベネックス本社工場において、屋根置き太陽光パネルと電気自動車(EV)とEVのリユース蓄電池を用いた新型蓄電池システムを全て完工し、「みらいの工場」プロジェクトを開始すると発表した。

<新しい時代のエネルギーリソース(太陽光・EV・リユース蓄電池)を備えた「みらいの工場」>
新しい時代のエネルギーリソース(太陽光・EV・リユース蓄電池)を備えた「みらいの工場」

<新型リユース蓄電池システム 従来比2倍の搭載効率実現>
新型リユース蓄電池システム 従来比2倍の搭載効率実現

<日産電気自動車「e-NV200」10台導入普段は従業員が通勤に利用し、工場で充電>
日産電気自動車「e-NV200」10台導入普段は従業員が通勤に利用し、工場で充電

日産自動車は、日本ベネックスへ商用タイプのEV「e-NV200」10台を提供し、このプロジェクトをサポートする。

プロジェクトは、再生可能エネルギーとEVのリユース蓄電池システム(400kW)とEV10台を組み合わせて利用し、エネルギーの効率利用と環境との共生を実現する、スマート工場モデルの確立を目指す。

蓄電池システムは、太陽光発電の出力の過不足を平準化すると同時に、工場の電力需要ピーク時の補助電源として活用され、電気代の削減に貢献する。

EVは、従業員の通勤や外出時に使用され、使用済みバッテリーを蓄電池システムにおいて再利用することで、バッテリーのリユースモデルの構築も目指す。

また、蓄電池システムとEV充電は2020年に実用化が期待されるVPP に対応したシステムであり、充放電のタイミングの最適化などを通じ、エリア全体の電力需給の調整にも貢献する計画。日本ベネックスと住友商事は関西VPPへ参画し、蓄電池システムとEVの、VPPにおける有用性の検証を進めている。

「みらいの工場」モデルは、再生可能エネルギーの導入拡大やEVバッテリーのリユースモデル構築、エネルギー需給の最適化につながり、低炭素社会の実現に貢献していくとしている。

最新ニュース