フジテックス/AI搭載自動搬送ロボット、導入コストシュミレーション開始

2018年04月16日 

フジテックスは4月13日、「AI 搭載 自動搬送ロボット」導入コストシュミレーションが無料でできるサービスを開始した。

<自動搬送ロボット EVE>
自動搬送ロボット EVE

<稼働中の EVE>

<ずらりと並んだ EVE>

フジテックスは、ギークプラスと業務提携をし、ギークプラス製「AI搭載 自動搬送ロボット EVE」の販売・保守を行うことになったもの。それに伴い、自動搬送ロボット導入に向けた無料のコストシミュレーションサービスを開始する。

サービスでは、実際にロボットを導入した際、現在のオペレーションと比較してどのような効果が得られるか、導入コストの償却期間予測などのシミュレーションレポートを出す。

また、ロボット導入を成功するための「ロボット導入の手引書」も無料で配布。整理しておくべきポイントや事前にクリアすべき課題など5つのフェーズに分けて具体的に解説している。

EVE とは、物流現場の省人化を目的としたギークプラスのAI 搭載 自動搬送ロボット。アリババグループのT-mall やVIP Shop、Suning など20 社以上のクライアントを抱えていて、今までおよそ1500台のロボットを納入した実績がある。また国内でもアパレル業界を始め、導入が広がっている製品。

■物流ロボット導入 無料シュミレーションサービス申し込み
https://www.chuko-matehan.com/logiplanners/blog/robot-simulation/

最新ニュース

物流用語集