トーエル/16.5億円投じ、子会社のハワイ第2工場建設

2018年04月16日 

トーエルは4月16日、子会社であるTOELL U.S.A. Corporation(TOELL U.S.A.)の第2工場建設を決めた。

TOELL U.S.A.のピュアウォーター生産工場(名称:モアナルアファクトリー)で生産するボトルウォーター「Pure Hawaiian Water」を輸入し、日本国内向けに販売している。

商品の需要の高まりに伴い、安定供給のための対応強化を図るべくかねてより同地で新たな工場の建設を検討していたが、工場用地の確保など諸条件が整ったことからこの度モアナルアファクトリーに続き第2工場を建設する。

工場には商品化の要望が多いペットボトルの製造設備も導入し、280ml 入りペットボトルから従来のウォーターサーバー用ボトルまで、充実した商品ラインナップで幅広い顧客ニーズへの対応を図っていくとしている。

■建設する工場の概要
名称:ニミッツファクトリー
所在地:米国ハワイ州ホノルル市ノース・ニミッツ・ハイウェイ
投資金額:16億5000万円(予定)
生産能力:最大400万本/年(12 リットルボトル換算)
稼働開始:2019年5月(予定)

最新ニュース