福岡県/福岡県冷蔵倉庫協会との災害時協力協定締結

2018年04月12日 

福岡県と福岡県冷蔵倉庫協会は4月12日、災害時協力協定を締結したと発表した。

<協定書を手に小川洋知事(左)と河合弘吉 福岡県冷蔵倉庫協会会長>
協定書を手に小川洋知事(左)と河合弘吉 福岡県冷蔵倉庫協会会長

災害時には、食料品や医薬品などの救援物資の保管、荷役などが実施する。

小川知事は、「今回の協定により、食料品や医薬品などの冷温管理が必要となる救援物資を、長期保管できる体制が強化されることから、今回の協定が結ばれたことを、大変うれしく、心強く思う」とあいさつした。

最新ニュース