日野自動車、VW/100年に一度の大変革期、戦略的協力関係構築で合意

2018年04月12日 

日野自動車とVolkswagen Truck & Busは4月12日、長期視点、対等かつ互恵的な戦略的協力関係の構築に向けた合意書(Strategic Cooperation Framework Agreement/ 以下SCFA)に調印したと発表した。

<左が日野自動車の下義生社長、右がVolkswagen Truck & Bus GmbHのA.レンシュラーCEO>
左が日野自動車の下義生社長、右がVolkswagen Truck & Bus GmbHのA.レンシュラーCEO

両社は「顧客に最高の価値を持続的に提供していく」との考え方を共有し、「物流/交通に関わるソリューション調査」、「既存・将来技術」、「調達」等の領域において協力を検討していく。

技術領域には、既存の内燃パワートレーン、ハイブリッドおよび電動パワートレーン、コネクティビティー、自動運転システム等が含まれている。今後、協力関係の構築により、両社は顧客に最高の価値を提供すべく、革新的な技術の開発を行い、グローバルなマーケットポジションを高めることを目指す。

運営体制では、SCFAに基づいたアライアンス委員会を立ち上げ、長期的かつ対等な協力の方向性を議論する。同委員会は日野とVolkswagen Truck & Busの両CEO、役員級のメンバーで構成される。両社は独立性を維持した形で、実際的、効率的な組織運営を目指す。

日戦略的協力関係を結ぶことにより、グローバルビジネスでの地域的な協力関係を強化し、業界の課題対応力を高めることが可能になる。

日野は、日本とアジアにおける商用車のリーディングカンパニーであり、米国を含む80以上の国/地域で商用車を販売している。

Volkswagen Truck & BusはMAN、Scania、Volkswagen Caminhoes e Onibusブランドを通したヨーロッパ、およびブラジルにおけるリーディングカンパニーであり、車載コネクティビティーのクラウドプラットフォームである「RIO」を有する。

また、北米ではNavistar、中国ではSinotruk(中国重汽)と協力関係にある。

なお、両社の合意に向けての協議は下社長が昨年6月に就任以降に進められ、その後2か月に1回程度の協議を重ねて合意にこぎつけたもの。

日野自動車の下義生社長は「自動車業界は100年に一度の大変革期を迎えている。eコマース等の急速な普及による深刻なドライバー不足、同時にドライバーの高齢化も進んでいる。また、地方では高齢化が進むと、同時に電車やバスの路線が廃止され、移動に苦労される人も多くなっている。これまでと同じ価値の提供では、これからの顧客のニーズに応えられない。そうした強い危機感をVWトラック&バスと共有している。互いの力を合わせ、社会の課題を先頭に立って解決していく」と話した。

Volkswagen Truck & Bus GmbHのA.レンシュラーCEOは「この協力関係は先駆的なもの。世界の輸送業界で存在感を示す企業間の協力関係となる。両者は輸送問題への解決策の提示、またより効率的でクリーンで確実なモノの移動の実現への思いを共有している。技術的には、主たる協力の領域はパワートレーン。既存内燃パワートレーン、ハイブリッドおよび電動パワートレーン、またコネクティビティ技術や自動運転などの成長領域でも協力していく。さらには、物流・輸送ソリューションの研究にも力を注ぎ、調達領域にも成果につながる協力可能性があると考えている」と述べた。

最新ニュース