日本郵船/ノルウェー貿易産業副大臣が視察

2018年04月12日 

日本郵船は4月12日、東京ビッグサイトで開催されている世界最大規模の国際海事展「Sea Japan 2018」の日本郵船ブースを、4月11日、ダニエル・ビャルマン・シモンセン(Daniel Bjarmann-Simonsen)ノルウェー貿易産業副大臣が訪問したと発表した。

<世界初の新造LNG燃料供給船のパネル前>
世界初の新造LNG燃料供給船のパネル前

「Sea Japan 2018」の日本郵船ブースではLNG燃料供給船やLNG燃料の自動車専用船など次世代燃料へのチャレンジ、船舶の安全運航をサポートする衝突リスク判断と自律操船技術への取り組み等、これまで培ってきた技術についてパネルで展示している。

シモンセン副大臣からは、出展ブースを見学した際、グリーンビジネスへの取り組みやビッグデータを活用したプロジェクトなどについて、熱心な質問が寄せられた。

日本郵船グループは技術開発支援に積極的なノルウェー政府、同国海事産業の関係者と船舶IoTの活用などにおいて連携しており、同国に本社を置く海事ITの先進企業Dualog社との戦略的パートナーシップの覚書締結や、同国で開催された国際海事サミットでIT活用について講演を行うなど、協力関係にある。

3月23日には、ノルウェー科学技術大学の学生ら53名が日本郵船を訪問し、グループのビジネスやIoT活用事例の説明を受けた。

日本郵船グループは、新中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”で策定した事業戦略に基づき、最新デジタル技術を駆使した新たな価値創造を目指し、海事産業のイノベーションに取り組む。

最新ニュース

物流用語集