チヨダ/管理・事務部門、物流部門のグループ会社間、相乗効果創出

2018年04月12日 

靴専門店のチヨダは4月11日、2020年2月期を最終年度とする中期経営計画を修正し、サプライチェーンを効率化を進めている。

グループ政策として、管理・事務部門、物流部門におけるグループ会社間の相乗効果を創出し、業務効率化を推進する。

商品政策として、生産国のシフト、分散化による商品調達力を強化(中国⇒日本、ベトナム、カンボジア他)し、プロパー消化率向上のため、仕入から販売までをきめ細かく管理する仕組み・組織作り を行う。

店舗展開政策で、ネットの強化による店舗との在庫連動、情報連携を推進する。

投資方針として、商品の受発注から店舗配分、販売分析までの情報システム、POSシステムを刷新する。

最新ニュース

物流用語集