物流プロジェクトマネジメント集中講座/4月25日開催

2018年04月12日 

日通総合研究所は4月25日、物流プロジェクトマネジメント(PM) 「ステークホルダー・マネジメント集中講座」を開催する。

本講座は、PMプロセスの中でも、ステークホルダー(利害関係者)マネジメントに重点を置いた講座。

物流プロジェクトの特徴は、他の業種のプロジェクトに比べてステークホルダーの数が多く複雑な点にある。

ここをしっかりコントロールせずに、物流プロジェクトの成功は望まない。

講座では、5つの重要なステップ等を、ケース演習を交え解説します。本年度のプロジェクトを成功させるためにも、是非身に付けたい手法。

※今回の「物流プロジェクトマネジメント」を受講すると、PMP資格に必要なPDUを7PDU付与する。

※参加者には、「事前アンケート」(Web無記名式)の案内を送付する。
セミナー当日、その結果を共有する。

■開催概要
日時:4月25日(水)9:30~17:30(受付9:15~)
会場:東京都港区東新橋1-9-3 日本通運本社ビル 3階 会議室ABC

参加費:1名/32,000円(税込) ※ 専用テキスト・昼食(お弁当)付
定員:50名(最少開催人数:20名)
申込締切:4月20日(金)13:00
対象:物流事業者、荷主企業において
・物流の企画/運営に携わる方
・対顧客営業に携わる方
・業務の進め方に関心をお持ちの方

■詳細・申込み
https://www.nittsu-soken.co.jp/training/seminar/2018lz01

■プログラム
オリエンテーション
1.事前アンケート結果検討
アンケート結果での傾向の把握と課題分析
・アンケート結果の傾向確認
・課題の分析

2.ステークホルダーとプロジェクトの成功
ステークホルダーへの取り組みについて事例を基に検討
・ステークホルダーマネジメントの現状
・ステークホルダーマネジメントを行う上での重要な視点

3.ステークホルダー・マネジメント・プロセス
ステークホルダー・マネジメントの5つの重要なステップを理解
※物流ケースを用いた演習実施
・ステークホルダーの特定
・ステークホルダーの分類
・ステークホルダーの分析
・ステークホルダーの行動予測
・ステークホルダーマネジメント戦略の策定/実施

お昼休憩

4.コミュニケーション・マネジメント計画
コミュニケーション・マネジメント計画作成のポイントを理解
・公式・非公式コミュニケーション
・コミュニケーション・マネジメント計画書

5.ケース演習
ステークホルダー・マネジメントの視点からケースを分析、対応策を検討
※物流ケースを用いた演習実施
・ステークホルダー・マップ作成
・グリッド分析
・ステークホルダー・マネジメント計画策定
・コミュニケーション・マネジメント計画書作成
・ステークホルダーと成功・失敗

6.ステークホルダー・マネジメントの活用
・チームでの検討/発表と講師とのディスカッション

まとめ・質疑応答

※カリキュラムは変更になることがございますので、あらかじめご了承ください。
※適宜、休憩をはさむ。

■講師
佐治 与志也(さじ よしや)
アイシンク 
プロジェクトマネジメント講師

米国PMI認定PMP® 京都大学工学部卒業
プロジェクトマネジメントのソリューションベンダー会社にて、ソリューション提案並びにコンサルティングサービス業務に従事。講師の他、プロジェクトマネジメント評価制度構築や、納期遅延体質脱却を目的としたプロジェクトマネジメントツールを活用してのソリューションサービスなどのコンサルティング業務に従事。
理論と実践両面からプロジェクトを成功に導くソリューションサービスを提供している。

■申込み・問い合わせ
日通総合研究所
ロジゼミ事務局 担当:山内
東京都港区東新橋1-9-3
TEL:03-6251-3279(平日10:00~18:00)
https://www.nittsu-soken.co.jp/training/seminar

最新ニュース