イオン/米国の物流プラットフォーム、ノウハウ習得

2018年04月11日 

イオンは4月11日、米国ニューヨークに拠点を置くBoxedへの出資を行うと発表した。

Boxedは2013年に設立されたスタートアップ企業で、高度に自動化された物流システムやAIを活用したアルゴリズムによる高い顧客提案力を有している。

オンラインに特化したホールセールビジネスを展開し、法人客のみならず個人客からの高い支持を受けるなど、急成長を遂げている。

出資により、イオンはBoxedが有するAIを駆使した顧客一人ひとりへの商品提案のノウハウを幅広い分野で活用するとともに、同社が有する独自の物流とテクノロジーを駆使したデータプラットフォーム(ビッグデータを活用したデータ分析・活用)のノウハウの習得が可能となる。

さらに、同社の「デジタルシフト」に拍車をかけるべく、イオン従業員へのデジタルマインドの向上も期待している、としている。

なお、イオンは昨年12月、2020年に向けたグループ中期経営方針を発表し、グループ戦略のひとつとして「デジタルシフト」を加速するとともに、これまで店舗中心であった投資をIT・デジタル・物流に傾斜配分する「投資のシフト」を打ち出している。

■企業概要
会社名:Boxed
本社:米国 ニューヨーク
設立:2013年8月
従業員数:500(フルフィルメントセンター含む)
物流センター:4か所(New Jersey、Las Vegas、Atlanta、Dallas)
主要事業:Eコマースビジネス

最新ニュース