国交省/海上コンテナのフレキシタンク、安全輸送マニュアル改訂

2018年04月11日 

国土交通省は4月11日、国際海上コンテナ内のフレキシタンクの損傷による液体物の漏洩を防止するため、フレキシタンクを用いる際に確認すべき内容について、「国際海上コンテナの陸上における安全輸送マニュアル」の改訂により明確化したと発表した。

新たに明記した事項は、関係する国際機関の協同の策定による「IMO/ILO/UNECE貨物輸送ユニットの収納のための行動規範」を踏まえた内容となる。

フレキシタンクを用いる際に確認すべき内容として明記した事項では、「フレキシタンクは十分な強度を有するものであることが確認できるものであり、かつ、輸送する予定の液体との相性も問題のないものを使用すること」、「フレキシタンクを取り付ける前に、コンテナ内を清掃しながら、釘などの突起物がないことを確認すること」、「段ボールでコンテナの床と壁を覆うこと(40ftコンテナには、側壁の覆いに合板を使用する)」、「コンテナの扉側の端には角材を適切な間隔で取り付け、さらに丈夫な段ボールまたは合板で覆って強度を上げること」、「タンク製造者の指定する充填速度で液体を充填すること」、「コンテナ後面の左扉に、フレキシタンクが積載されていることを示す警告ラベルを貼り付けること」、「使用済みのフレキシタンクは廃棄すること」を挙げている。

■国際海上コンテナの陸上における安全輸送マニュアル
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk2_000022.html

最新ニュース