カネカ/樹脂改質剤を値上げ、物流費上昇基調も一因

2018年04月11日 

カネカは4月11日、耐衝撃性改良樹脂(カネエースB、カネエースM)、加工性改良樹脂(カネエースPA)の販売価格を改定すると発表した。

5月1日出荷分より、現行価格に対しキログラム当たり20円の値上げを実施する。

主原料の一つであるMMA(メチルメタクリレート)モノマーは需給逼迫によって高騰しており、その他原料や物流費、ユーテリティ・コストも上昇基調にあるとしている。

カネエースB、カネエースPAは、塩化ビニルの建材、パイプ、包装材料などに、カネエースMはポリカーボネートなどのエンジニアリングプラスチックの自動車の内・外装材や電子機器用途に使用されている。

最新ニュース