西鉄/ニュージーランドの物流会社を買収

2018年04月10日 

西日本鉄道は4月10日、ニュージーランド地場物流企業「GCS Logistics Ltd(GCS)」の株式を90%取得し、子会社化すると発表した。

買収するGCSは、海上輸入を主力事業として安定的な収益を確保している企業。

買収することで、これまでオーストラリア法人一社だったオセアニア地域の事業基盤の強化を図り、ネットワーク拡大に努めていく。

買収後、NNR GLOBAL LOGISTICS NEW ZEALAND LTDに社名を変更し、国際物流事業でのネットワークは、世界27か国・地域109都市の海外拠点となる。

営業開始は2018年5月を予定している。

■買収相手先の概要
会社名:GCS Logistics Ltd
設立:2010年9月20日
本社所在地:オークランド
資本金:NZD300.00(約2万4000円相当)
事業内容:航空・海上貨物の利用運送事業
通関業
2016年度の経営実績:営業収益1432万1000NZD(約11億4300万円)、営業利益35万5000NZD(約2800万円)

従業員:17名(2017年3月末時点)

■買収後のニュージーランド現地法人の概要
商号:NNR GLOBAL LOGISTICS NEW ZEALAND Limited
本社所在地:ニュージーランド オークランド市
営業開始日:2018年5月1日(予定)
事業内容:航空および海上貨物の利用運送事業、通関業
株主構成:西日本鉄道 出資比率 90%、Andrew Kirkcaldy 氏 出資比率 10%
従業員数:17名(予定)
GCS社の従業員を引き継ぐ

最新ニュース

物流用語集