大和ハウス/ロボットスーツを全国9工場に計30台導入

2018年04月10日 

大和ハウス工業は4月10日、CYBERDYNEが開発・製造するロボットスーツ「HAL 腰タイプ作業支援用」を全国9工場に計30台導入し、技術者の作業負担を軽減すると発表した。

<ロボットスーツ「HAL 腰タイプ作業支援用」作業シーン>
ロボットスーツ「HAL 腰タイプ作業支援用」作業シーン

工場で働く職方(しょくかた)の労働環境整備に向けて、「HAL 腰タイプ作業支援用」を導入することとなったもの。

コンパクトな軽量モデル(約3kg)のため、装着したまま長時間作業を行うことができ、腰への負荷を最大約4割低減できる。

床から部材を持ち上げるなど、作業中に腰部にかかる負荷を低減させるとともに、腰痛などの身体に係るリスクを軽減させる。

30台の導入先は、東北工場、栃木二宮工場、竜ケ崎工場、三重工場、奈良工場、九州工場に各4台、新潟工場、中部工場、岡山工場は各2台で、作業内容は部材の集積やピッキング、梁の加工作業など。

昨今、職方不足・高齢化が進む中、大和ハウスでは工場で働く協力会社の職方確保に向けて、職場環境整備に注力してきた。

2013年2月に熱中症や熱ごもりなどの防止のため、老朽化した奈良工場や竜ヶ崎工場を次世代環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」として建替え、工場作業者の労働環境改善のための設備を導入した。

制度面では、協力会社の新卒技能者の採用・育成を支援するとともに、若年技能者育成のための資金を補助。

昨年10月より技能者のモチベーション向上と施工体制強化を図るべく優秀技能者に月額3万円、上級技能者に月額1万円を支払う「技術者支援金制度」を導入するなど、生産現場の職場環境支援を継続してきた。

今後も大和ハウスは、職方の労働環境をより良くするため、IoTやロボットなど作業負荷を軽減させる新技術の導入・採用を図っていく。

■概要
商品名:HAL腰タイプ作業支援用
重量:約3kg(バッテリーを含む)
サイズ:縦292mm×横450mm×高さ522mm
動作時間:約180分
充電時間:約90分

最新ニュース

物流用語集