日本郵船/科学技術館で子どもたちに船と船乗りの仕事を紹介

2018年04月10日 

日本郵船は4月10日、東京都千代田区の科学技術館で4月3日に開催した「学びのフェス2018春」に“郵船みらいプロジェクト”の一環として出展し、多くの子どもたちに船と船乗りの仕事を紹介したと発表した。

<操船シュミレーター>
操船シュミレーター

<エンジニア体験>

出展ブースでは、船に関するクイズを交えて船舶や外航船員の仕事を紹介する授業と、コンテナ船などの操船体験ができるコーナー、エンジンキットを用いたエンジニア体験のコーナーを設けた。

操船体験コーナーで子供たちは、航行が難しいとされる東京湾と来島海峡での操船を苦戦しながらも楽しんでいた。

エンジニア体験のコーナーでは使い慣れない工具を用いてエンジンの解放(分解)を体験した。保護者からは外航船員になるための進路などについての質問があった。

全日本海員組合と国際船員労務協会が共同で取り組む“J-Crew プロジェクト~やっぱり海が好き~”の写真撮影コーナーでは多くの子供たちが船長の制服を着用するなど、同プロジェクトのマスコットキャラクターとの記念撮影を楽しんだ。

イベントは毎日新聞社、毎日小学生新聞、毎日メディアカフェが主催し、普段触れる機会の少ない企業などの仕事を子供たちに体験してもらうことを目的としている。今回は抽選で選ばれた約1500人の親子が37の企業や団体のブースを回り、体験授業を受けた。

最新ニュース