アマゾン/多治見FCの地域貢献活動に多治見市から特別賞

2018年04月09日 

アマゾンは4月9日、多治見 FC(フルフィルメントセンター)が 2012年の操業開始から現在までに実施してきた数々の地域貢献活動について、古川雅典多治見市長より「地域貢献活動特別賞」を受賞したと発表した。

<地域貢献活動特別賞、授賞式>
地域貢献活動特別賞、授賞式

企業が行う地域貢献活動に対して、多治見市が初めて授与した「特別賞」となる。また、授賞式にて、多治見FCの責任者であるサイトリードの松本潤が、多治見市での活動の歩みを紹介する記念パネルを多治見市役所に寄贈した。

アマゾンの地域貢献活動は、「地元の若者の未来を応援」、「地域社会との連携」、「災害、防災の協力体制作り」などを目的として、FC所在地の自治体、企業、学校、地元コミュニティとの「人の交流」を行っている。

多治見市では、多治見北高等学校と連携し、生徒に向けた職業体験プログラム「ジョブシャドウ」、アマゾンジャパン合同会社社長ジェフ ハヤシダと生徒達の懇親
会、Amazon Robotics 開発責任者による全校生徒への講演会などを実施。

さらに、トヨタ多治見サービスセンターとの企業間交流会、多治見市役所職員のための職場環境向上を目的としたカイゼン研修会、市内在住の女性を対象とした「Global Women’s Career Session」などを通じて、アマゾンのイノベーションやテクノロジー、リーダーシップについての知識を提供してきた。

多治見市の古川市長は「約5年に渡るアマゾンの安全を第一に考える Kaizen 活動、働きやすい職場づくり、様々なイノベーションや最先端のテクノロジーなどの担当者が地域と積極的に交流する取り組みは、住民にとっても働きやすい職場として認識されて、誇りとなっている。今後は、グローバル企業が、ひとつの地域に密着した良い関係作りの事例として、他の県や市町村の皆様に向けて、市長としてアピールしたい」とコメントした。

最新ニュース

物流用語集