シモハナ物流/岡山エリア初の5温度帯対応3PL物流センター稼働

2018年04月09日 

シモハナ物流は4月6日、岡山エリア初の5温度帯対応3PL物流センター、岡山第四センターが4月に稼働したと発表した。

<岡山第四センター>
岡山第四センター

「岡山第四センター」は、山陽自動車道倉敷ICへ約8km、瀬戸中央自動車道早島ICへ約7kmと中国・関西・九州の本州エリアと四国エリア繋ぐハブ拠点となる岡山県倉敷市に位置するアクセス性に優れた物流センターとなる。

岡山県倉敷市で運営する岡山第一営業所南側に隣接、既存機能と連携された新低温物流センターとしている。

主として、食品関連商材を取り扱う機能を強化することにより、より高品質かつ効率的な物流ネットワークを拡充している。

多種多様な食品商材を取り扱う外食チェーン業界、取り扱う食品商材が多様化するコンビニエンスストア業界において、厳しい食品管理で幅広い食品商材を取り扱ってきたシモハナ物流の高い技術とノウハウは、物流パートナーとして高い評価を得ているという。

同様に、スーパーマーケット・ディスカウントストア業界にも最適な3PL物流センターとなる。

■概要
名称:岡山第四センター
所在地:岡山県倉敷市下庄841-1
事業内容:汎用型センター/外食向け業務用食材を中心とした3PL物流業務の運営、SMセンター物流業務の運営
対応温度帯:5温度帯完備(常温・冷蔵・パーシャル・冷凍・超冷凍倉庫)
面積:3090坪
常温倉庫850坪・冷蔵倉庫1377坪・パーシャル庫101坪・冷凍倉庫532坪・超冷凍倉庫35坪・ドッグシェルター22基
主要設備:トレー循環式ピースソーター80間口 1基、デジタルアソートシステム80間口 1基、エレベーター1基、バーチレーター3基、静脈認証入館管理システム

最新ニュース