住友商事/タイ・チョンブリ県に1万m2の自社倉庫建設

2018年04月06日 

住友商事は4月6日、100%子会社である住商グローバル・ロジスティクスを通じ、タイで運営する物流子会社であるSumisho Global Logistics (Thailand)(SGLT)が、新たにチョンブリ県に1万m2の自社倉庫を建設し、業容拡大に着手したと発表した。

<完成予想図>
完成予想図

新倉庫は、タイ最大の貿易港であるレムチャバン港と自動車産業の集積が進む大手工業団地の中間にあるSGLTレムチャバン支店内に立地。

チョンブリ県は自動車産業関連のみならず、「Thailand4.0」の中核をなす東部経済回廊(EEC)の投資優遇地として、チャチュンサオ県、ラヨン県とともに経済特区に指定されている。

また、チョンブリ県は今後次世代自動車をはじめ医療・航空・ロボットなどハイテク産業界の投資が期待される地域。

レムチャバン支店の敷地内に自社倉庫を建設することにより、支店の既存人員やノウハウを有効活用し作業品質を確保する。

新たな物流ニーズに対応するため、輸送容器積み替え、輸出梱包、JITデリバリー等の荷主目線のきめ細かい物流サービスを提供していくとしている。

SGLTは1989年の会社設立以来、ナワナコン工業団地を中心とする電子・電機産業や東部のチョンブリ県を中心とする自動車産業・建設機械産業への総合物流サービスを提供してきた。

現在では、アマタナコンやプラチンブリなど5支店・7拠点のネットワークを構築、タイにおける総合物流サービスプロバイダーとしての地位を築いている。

現状、SGLTがタイでオペレーションに携わる倉庫延床面積は約8万m2であり、新倉庫をあわせて、9万m2に拡大する予定だ。

■新倉庫の概要
所在地:タイ国チョンブリー県SGLTレムチャバン支店内
倉庫床面積:約1万m2
稼働予定時期:2018年7月中

最新ニュース