日本郵船/トルコに完成車専用ターミナル建設

2018年04月06日 

日本郵船は4月6日、トルコ有数のコングロマリットOYAKグループ傘下の港湾運営会社であるOYAK PORTと合弁会社を設置し、トルコ・イスタンブール近郊のヤルンジャ地区に完成車専用ターミナルを建設・運営すると発表した。

<ターミナル完成予想図>
ターミナル完成予想図

<ヤルンジャ地区のロケーション>
ヤルンジャ地区のロケーション

日本郵船がバース(岸壁)建設から携わるこのターミナルは、イスタンブール近郊で初の完成車専用の大型ターミナル。

2019年半ばの運営開始を予定し、PDI(完成車の納品前点検・補修・部品補給サービス)等の付加価値サービスも併せて提供する。

OYAK PORTの事業基盤と、日本郵船がこれまで積み上げてきた自動車輸送、ターミナル運営のノウハウを活用し、完成車の輸出入拡大が見込まれるトルコ国内において、日系自動車メーカーをはじめとする顧客の要望に応える。

■ターミナル概要
所在地:コジャエリ(Kocaeli)県ヤルンジャ(Yarimca)地区
事業内容:完成車専用ターミナル事業
岸壁全長:539m
水深:12~14m
ヤード総面積:約18万m2
Parking slot:約8000units

最新ニュース

物流用語集