西濃運輸/成田市に敷地8万m2の新物流拠点着工

2018年04月05日 

西濃運輸は4月5日、千葉県成田市に2019年6月竣工予定の成田支店を4月4日に着工したと発表した。

<成田支店 完成予想図>
成田支店 完成予想図

千葉県北東部に位置する成田空港を中心とした周辺地域は、佐倉支店やセイノースーパーエクスプレス八日市場営業所が業務地域として担当している。

しかし集配エリアが広範にわたり、十分なCSが提供できない状況にある。

新拠点を整備することで、輸送ネットワークの更なる強化と、この地域のCSの向上が図れると期待している。

また、成田空港から至近距離にあることから、トラックターミナルと物流センターを併設することで、成田空港発着の航空貨物を中心としたロジスティクス案件の獲得も見込んでいる。

■概要
所在地:千葉県成田市三里塚字宮園21-2他
敷地面積:7万9521.68m2
総床面積:3万8946.39m2
管理棟
 1F:事務所、応接、乗務員控室、浴室 等
 2F:食堂、会議室、仮眠室 等
 3F:物流事務所 等
トラックターミナル
 1F:プラットホーム:124m×40m
 2F:物流倉庫:3971.99m2
倉庫棟
 1F:荷捌場、冷蔵庫、冷凍庫:1万4209.52m2
 2F:物流倉庫:1万2444.32m2
 屋上:乗用車駐車場 
総床面積

最新ニュース