輸送管理システムの世界市場調査報告書/成長計画にSaaS提案が必要

2018年04月05日 

ARC Japanは4月5日、ARC Advisory Groupの輸送管理システム(TMS)に関する世界市場調査を発表した。

顧客はリアルタイム可視化ソリューションをますます強く求めるようになっており、TMSサプライヤはこれらに対応したソリューションを開発するか効果的な協業関係を作り上げるかしなければならないことが明らかになった。

市場での最も重要な動きとして、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)が進化しつつあることがある。TMS市場において非常に大きなビジネス機会を生み出すそれ以外の2つの動きとして、eコマースとオムニチャネルがある。

「SaaSソリューションは、産業界での普及が進んでおり、この状況は中小規模の顧客を対象とした小規模な会社だけにはとどまらない。堅牢なSaaSソリューションは、オンプレミス(売り切り)のソリューションと同等の機能や性能を提供するが、導入をすばやく行うことができ、通常費用効率も良い。

多くの会社がひしめきあう市場において競争力を維持するために、企業は短期的なビジネス成長計画の中にSaaS提案を組み込む必要がある」とARC Advisory Groupの「輸送管理システムの世界市場調査報告書(Transportation Management Systems Global Market Research Report)」の主著者であるSteve Banker副社長は語っている。

ARCの調査報告書では、現在およびこれまでの市場と関連するビジネスの動向、主要なサプライヤのプロファイル、および、今後5年間の市場予測を掲載している。

それらは、ARCの優れた市場調査データベース、直接情報や補完情報の豊富な調査、独自の経済モデル技法に基づいて作成されている。

調査報告書には、競合分析に加えて、売上区分別、産業別、アーキテクチャ別、顧客別の今後5年間の市場予測も含まれている。

最新ニュース