郵船ロジ/メキシコ「バヒオ・ロジスティクセンター」保税認証取得

2018年04月05日 

郵船ロジスティクスは4月5日、メキシコ法人のYusen Logistics (Mexico), S.A. de C.V.の施設「バヒオ・ロジスティクスセンター」が、3月に保税認証を取得したと発表した。

<バヒオ・ロジスティクスセンター>

バヒオ・ロジスティクスセンターは自動車産業が集積するメキシコ中央高原バヒオ地区のAmistad Bajio工業団地内に昨年2月に開設。

約5000m2の倉庫スペースの他に、約6000m2の大型トレーラーヤード、1000TEUの海上コンテナを保管可能な内陸コンテナデポを併設し、国内JIT配送やミルクラン、米墨間クロスボーダー輸送などの自動車物流のニーズに対応している。

センターが保税認証を取得したことにより、顧客の荷物を保税の状態で倉庫に搬入後、最大2年間、輸入関税等の支払いを留保しつつ、保管、検品作業が可能となる。

保管貨物が保税状態から確定申告を経て、メキシコ内国貨物に変わるまでの間、納税期限を延ばすことができるため、顧客のキャッシュ・フローの改善につながる。

メキシコ国内に会社を持たない顧客が非居住者名義で商品を所有、保管できるメリットがある。

メキシコ法人はメキシコ3大空港である、メキシコシティ空港、モンテレー空港、グアダラハラ空港で、自社オペレーション体制を整えている。

今回の保税認証取得と合わせ、今後もメキシコでの旺盛な物流需要に応えていく。

■施設概要
名称:バヒオ・ロジスティクスセンター / Bajio Logistics Center
所在地:Parque Industrial Amistad Bajio, Apasep El Grande, State of Guanajuato, Mexico
敷地総面積:約6万7000m2
倉庫5000m2、コンテナデポ7260m2、トレーラーヤード6000m2、事務所1000m2
※倉庫は需要に応じて拡張を検討

最新ニュース