JMU/マラッカ型VLCCを引き渡し

2018年04月04日 

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は4月4日、熊本県玉名郡長洲町の有明事業所で共栄タンカー及び日本郵船向けに建造していたVLCC”元栄(げんえい)”を引渡した。

<VLCC元栄(げんえい)>
VLCC元栄(げんえい)

JMUで豊富な建造実績を誇るマラッカマックス型VLCCの次世代船として開発された”JMUマラッカ型VLCC”。

国内港湾制限を満足する主要目の中で、中東~日本間の原油輸送における最適船型として、JMUの前身であるアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド、ユニバーサル造船の時代を含め永年に亘って蓄積したVLCC開発のノウハウ及び最新鋭の技術を結集した次世代省エネマラッカマックス型VLCC。

■概要
主要寸法:全長339.5mx幅60.00mx深さ28.5m
載貨重量:31万2605トン
総トン数:16万276
主機関:WinGD W7X82 ディーゼル機関1基
定員:35名
船級:NK
船籍:日本

最新ニュース