ビール4社/関西・中国~九州間で共同モーダルシフト開始

2018年04月03日 

キリンビール、サッポロビール、サントリービール、アサヒビールの4社は4月3日、関西・中国~九州間の社内輸送で共同でモーダルシフトに取り組むことで合意したと発表した。

<概要図>
概要図

物流部門での環境負荷の低減、長距離トラック輸送の削減によるドライバー不足への対処を目的で、4月9日から関西・中国~九州間でモーダルシフトを開始する。

関西・中国から九州へ向かうビール4社の専用列車には、各社の物流拠点から最寄りのJR貨物ターミナル駅を経て、JR大阪貨物ターミナル駅とJR岡山貨物ターミナルに集められた商品(主に酒類・飲料)を積み込む。

九州に到着した商品は、各社の最寄りにあるJR貨物ターミナル駅から、それぞれの物流拠点へ配送される。専用列車は、年間を通じて毎週月曜日に運行する予定。

一方、九州から関西・中国へ向けた輸送は、九州地区にある各社の製造・物流拠点からJR福岡貨物ターミナル駅に集めた商品を、同区間の空きコンテナの輸送枠を活用して毎日運行する予定。

この取り組みにより、4社合計で、大型トラック2400台相当の長距離輸送能力を鉄道コンテナで確保し年間のCO2排出量が約1500t(従来比で約74%)削減できると試算している。

最新ニュース