鴻池運輸/グループ会社が神戸空港でANAの機内清掃業務を受託

2018年04月02日 

鴻池運輸は4月2日、コウノイケ・エアポートサービス(KAPS)が、神戸空港で、新たに全日空機の機内清掃業務を受託、4月1日より業務を開始したと発表した。

<KAPSが神戸空港で始める業務内容は機内清掃、機内誌、ヘッドホンなどの補充・交換、座席テーブル、窓拭き、機内各所のクリーニング>
KAPSが神戸空港で始める業務内容は機内清掃、機内誌、ヘッドホンなどの補充・交換、座席テーブル、窓拭き、機内各所のクリーニング

神戸空港への新規参入により、KONOIKE グループの注力事業の一つである空港関連サービスにおいて、昨年より本格的に進めている国内地方空港での受託業務がさらに拡大する。

具体的には、神戸空港にて、グランドハンドリング事業を行っているANA大阪空港より機内清掃業務を新たに受託し、約30名体制で業務を開始する。

関西三空港の?つで、乗降客数約270 万人の同空港は、2018年4月1日からの民営化に伴い、今後旅客数の増加が期待されている空港。

KAPS が関空、羽田、成田、伊丹、福岡で培ってきた経験とノウハウにより、同空港においても安全・品質に根差したサービスを提供していくとしている。

■コウノイケ・エアポートサービス概要
商号:コウノイケ・エアポートサービス
本社所在地:東京都大田区蒲田4-22-3 会社設立 1991年3月1日
資本金:5000万円 従業員数:約1000名
事業内容:グランドハンドリング事業(貨物搭降載・搬送業務、手荷物仕分け業務、航空貨物取扱業務、機内清掃業務、給水・排水・汚水処理業務)

最新ニュース