佐川急便/強靭化大賞2018で「最優秀レジリエンス賞」を受賞

2018年04月02日 

佐川急便は4月2日、レジリエンスジャパン推進協議会が創設した「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2018」で、「最優秀レジリエンス賞」を受賞したと発表した。

<表彰式の模様 右が佐川急便 内田浩幸取締役>
表彰式の模様 右が佐川急便 内田浩幸取締役

強靭化大賞は、次世代に向けたレジリエンス社会構築のため、“強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等”を実施している企業・団体を評価・表彰するもの。

佐川急便は、2017年にエネルギー分野において最優秀レジリエンス賞を受賞しており、今回2度目の受賞。

アワード 2018受賞理由は、災害に対する強靭さと気候変動の緩和(CO2排出削減活動)に資する「地域レジリエンスの強化と持続可能な社会づくり」 の推進を目的に、各地域(自治体等)や企業と「包括連携協定、災害協定等」を締結するなど、佐川急便と地域(自治体等)が有する双方のリソースや強みを活かしながら、連携・協働モデルを継続的に開発・実践していることが評価された。

レジリエンスジャパン推進協議会とは、国土強靭化担当大臣私的諮問機関「ナショナル・レジリエンス懇談会」の結果を踏まえ、「国土強靭化基本計画」が円滑に達成されるよう、産、学、官、民のオールジャパンでその叡智を結集し、非常時のみならず平時での戦略的活用の方策を創造することにより、公共投資、民間投資が最大限に相乗効果を発揮し、レジリエンス立国を構築していくことを目的として設立。

ミッションは、事前防災・減災考えに基づき、「強くてしなやかな国」をつくるための「国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)」に関する総合的な施策づくりや、その推進に寄与すること等としている。

最新ニュース