ニッコンHD/米国子会社がオハイオ州に第四期倉庫を増築

2018年04月02日 

ニッコンホールディングスは3月29日、米国の子会社NK PARTS INDUSTRIES、3月28日(日本時間2018年3月29日)に第四期倉庫を増築し竣工したと発表した。

<第四期倉庫>
第四期倉庫

建物内観

この倉庫は、自動車産業の集積地にあり、多くの製造企業が進出し、州内における主要な工業地区となっている。

研究開発棟、製造請負も兼ね備えており、子会社が備えるロジスティクス、R&D及びマニファクチャリングの3つの機能を融合させた付加価値の高いロジスティクスをコンセプトに、変化する環境を事前に察知し、ベストなロジスティクスを提案し展開していくとしている。

顧客の顧客にその製品をよろこんで、もっと買ってもらえるような「ロジスティクスがその製品の市場での購買力を高める」という付加価値の高いロジスティクスを創りあげるという。

なお、NK PARTS INDUSTRIES,INCは、2006年8月EASTLIBERTY BRANCH(オハイオ州)を開設したニッコンホールディングスの連結子会社。

■概要
構造・規模:鉄骨造 平屋建て
用途:倉庫及び作業所(テスト事業を含む)
敷地面積:18万9290m2(既存)
倉庫面積:第三期倉庫(既存) 8222m2
第四期倉庫(増築):1万2774m2
合計:2万996m2
倉庫仕様
床耐荷重:1.8/t
主要設備:ドックレベラー13基、空調設備
所在地:13434 STATE ROUTE 287, EAST LIBERTY, OHIO 43319, U.S.A.

最新ニュース

物流用語集