大王製紙/大型物流センター4棟17万m2稼働、物流構造改革推進

2018年04月24日 

大王製紙は4月24日、ホーム&パーソナルケア(以下:H&PC)国内事業の成長を支えるため、H&PC主要生産工場の隣接地に倉庫4棟を借上げて、大型物流センター「エリエールロジスティクスセンター(ELC)四国中央、中部可児、富士北山、富士南陵」として4月から7月にかけて順次稼働する。

ハードとソフトの両面から物流構造改革を進め、売上・収益拡大を強力にサポートする物流体制を整える。

<エリエールロジスティクスセンター中部可児(ELC可児)>
エリエールロジスティクスセンター中部可児(ELC可児)

<同四国中央(ELC四国)>
同四国中央(ELC四国)

<同富士北山(ELC北山)>
同富士北山(ELC北山)

<同富士南陵(ELC南陵)>
同富士南陵(ELC南陵)

生産設備を新設する川之江工場をはじめ、10月には衛生用紙の主要生産工場でパレット輸送を開始する。

輸送・荷役・保管を効率化することでトラック乗務員の作業負荷を軽減するとともに、衛生用紙トップメーカーとして顧客に対する商品の安定供給体制を一層強化する。

同社は、ELCを H&PCの基幹物流センターとして、全国の顧客へ生産工場から大型車輌で直接納品できる物流体制を強化する。

ELC4棟すべて地上2 階建てで、大型車輌が直接アプローチ可能なスロープを採用。4棟合計で延床面積17万4517m2の充実した出荷機能と備蓄機能を備えたセンター。

現状、生産工場周辺の小型倉庫に商品在庫を分散保管しているため、出荷に際してはトラック乗務員が 3~4か所の倉庫を巡回して積込作業を行っている。ELC 稼動により商品在庫を集約し、1か所で積込みできる体制を整え、1階、2階それぞれのフロアで積込みを完結できる在庫レイアウトとする。

積込みのために複数倉庫を巡回する移動時間を短縮(60分を10分に80%削減)することでトラック乗務員の作業負荷軽減と車両稼働率の向上を実現する。

各センターは屋内若しくは大型庇(ひさし)の下で荷役できる環境となっており、雨天時や気温が上昇する夏場でも安心して作業できる物流センター。

パレット輸送は、1ケースあたりの商品入数・ケース寸法の見直しと、新たなパレットサイズを採用したことで、車両積載率と保管効率を維持してフォークリフト荷役(機械荷役)を可能にした。

荷役を機械化することで荷受け側の代理店倉庫でも車両待機と荷役時間の軽減(120分を30分に75%削減)に繋がり、メーカー出荷時と代理店荷受け時の作業の効率化に貢献する。

ELC4棟の運用とパレット輸送の組合せにより、荷役作業の効率化を進めるとともに、人手不足の要因である敬遠される作業を軽減することで、トラック乗務員にとって働きやすい環境を整え、幅広い人材に活躍頂ける物流現場を実現する。

■エリエールロジスティクスセンター中部可児(ELC 可児)
所在地:岐阜県可児市土田字番田1500-8
敷地面積:2万3900m2
延床面積:2万7588m2
構造・階数:鉄骨造 2階建て
保管能力:40万ケース
稼働予定:2018年4月

■エリエールロジスティクスセンター四国中央(ELC 四国)
所在地:愛媛県四国中央市三島中央1丁目字陣屋2333番
敷地面積:4万7591m2
延床面積:5万4954m2
構造・階数:鉄骨造 2階建て
保管能力:75万ケース
稼働予定:2018年5月

■エリエールロジスティクスセンター富士北山(ELC 北山)
所在地:静岡県富士宮市北山4242-7
敷地面積:2万1461m2
延床面積:2万4808m2
構造・階数:鉄骨造 2階建て
保管能力:35万ケース
稼働予定:2018年6月

■エリエールロジスティクスセンター富士南陵(ELC 南陵)
所在地:静岡県富士宮市南陵6番
敷地面積:4万9557m2
延床面積:6万7166m2
構造・階数:鉄骨造 2階建て(一部3階建て)
保管能力:90万ケース
稼働予定:2018年7月

最新ニュース